人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

平成30年度第3回阪南市子ども・子育て会議が開催されました。

   

平成30年度第3回阪南市子ども子育て会議が開催され、傍聴させていただきました。

会議の出席者は委員総数16人中10人の参加で、傍聴者は7人(定員10人)全て市議会議員による傍聴でした。子ども子育て会議自体は今年度に入って3回目、5月から毎月開催されていることになります。

議事録はまた改めてまとめられると思いますので、そちらを参考にしていただきたいと思います。

会議の概要は、市長から当会議に諮問している3項目、

(1)就学前の教育・保育・子育て支援における目標

(2)公民の役割分担

(3)公立での就学前教育などにかかる運営の規模・体制・類型

のうち、(1)に関しては前回の会議でラウンドテーブルを設置して様々な角度から検証しようという方向性が出ているので、今回は(2)(3)について。

(2)公民の役割分担については、去年の夏の時点では市長は「今の段階で明確にするのは困難、慎重に検討する」としていましたが、今回の子ども子育て会議で、「公立は地域の核」「特別支援教育において公立は最終のセーフティネット」「公立は親育ち支援の核」この様な項目に答申の方向性が確認されました。

(3)公立の適正規模や体制については、「すべてを認定こども園にするのではなく選択肢を残す」「複数学級が望ましい」「園区を残すことが望ましい」「適正規模が満たされず統合する場合は地域との関係性を考慮する」この辺りに答申の方向性が示されました。

これら答申の骨子を行政に戻し、行政がハードの整備計画を立てるということです。行政によると、一定の時間がかかるそうですが、9月の来年度新入生申し込みまでには方向性を示す、との事です。

なお、次の子ども子育て会議開催は「秋ごろ」の予定だそうです。

・・・ということは、子育て拠点ハード整備計画は行政で作られ、議会(委員会)で諮られ、9月前に発表、秋に子ども子育て会議に報告、という順番になりそうですね。去年の夏から1年間検討に検討を重ねてこのプロセス、市民への情報共有(市政のガラス張り)の徹底、大丈夫でしょうか。

 - 子ども子育て

  関連記事

子育て拠点整備特別委員会。議論としては0.1歩ぐらい進んだのだろうか・・・

委員長の 「5月12日以降、終始一貫して【今後どうするのか】という議論をしている …

阪南市の子ども子育て会議、平成30年度の第1回目が開催されます。傍聴できます。

今年の1月16日、平成29年度の第4回子ども子育て会議が開催されて以来、4か月ぶ …

総合こども館関連で東大阪市の定員810名の幼保連携型認定こども園を会派視察。

第二新政会にて視察を行いました。 今回は総合こども館関連で、定員810名(阪南市 …

改選後はじめての委員会「子育て拠点整備特別委員会」が開催されました。さて、その内容は?

南海電鉄のことやなんやかんやでアップが遅くなりましたが、昨日、特別委員会が開催さ …

本日は本会議(最終日)、昼からは総合こども館整備特別委員会が開催されました。

本日は朝から本会議(6月議会の最終日)がありました。 内容の主なものは委員会付託 …

子育て拠点整備特別委員会。市民参画と行政責任、このままで市民がナットクできるのか。

本日は子育て拠点整備特別委員会。3月議会で補正予算(総合こども館関連予算をゼロに …

いま、阪南市で知っておいて欲しい7つのこと。その(1)総合こども館のこと。

これから7回に渡ってブログ記事をシリーズ化してお届けしたいと思います。テーマは「 …

総合こども館整備特別委員会が開催。市民・保護者・職員の皆さんの意見を出来る限り取入れ、”どこまでも”お母さんのための施設に。

本日は「総合こども館整備特別委員会」でした。先日4回目が行われました公募市民の皆 …

本日の議会にて(仮称)阪南市立総合こども館の補正予算が賛成多数で議決されました。

さて先日の委員会に続いて、本日本会議にて賛成多数で議決されました(仮称)総合こど …

総合こども館整備特別委員会一日目。さまざまな矛盾点・不明点を質問。

総合こども館整備特別委員会が開催されました。 6月議会に「(仮称)総合こども館計 …