人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

平成30年度第3回阪南市子ども・子育て会議が開催されました。

   

平成30年度第3回阪南市子ども子育て会議が開催され、傍聴させていただきました。

会議の出席者は委員総数16人中10人の参加で、傍聴者は7人(定員10人)全て市議会議員による傍聴でした。子ども子育て会議自体は今年度に入って3回目、5月から毎月開催されていることになります。

議事録はまた改めてまとめられると思いますので、そちらを参考にしていただきたいと思います。

会議の概要は、市長から当会議に諮問している3項目、

(1)就学前の教育・保育・子育て支援における目標

(2)公民の役割分担

(3)公立での就学前教育などにかかる運営の規模・体制・類型

のうち、(1)に関しては前回の会議でラウンドテーブルを設置して様々な角度から検証しようという方向性が出ているので、今回は(2)(3)について。

(2)公民の役割分担については、去年の夏の時点では市長は「今の段階で明確にするのは困難、慎重に検討する」としていましたが、今回の子ども子育て会議で、「公立は地域の核」「特別支援教育において公立は最終のセーフティネット」「公立は親育ち支援の核」この様な項目に答申の方向性が確認されました。

(3)公立の適正規模や体制については、「すべてを認定こども園にするのではなく選択肢を残す」「複数学級が望ましい」「園区を残すことが望ましい」「適正規模が満たされず統合する場合は地域との関係性を考慮する」この辺りに答申の方向性が示されました。

これら答申の骨子を行政に戻し、行政がハードの整備計画を立てるということです。行政によると、一定の時間がかかるそうですが、9月の来年度新入生申し込みまでには方向性を示す、との事です。

なお、次の子ども子育て会議開催は「秋ごろ」の予定だそうです。

・・・ということは、子育て拠点ハード整備計画は行政で作られ、議会(委員会)で諮られ、9月前に発表、秋に子ども子育て会議に報告、という順番になりそうですね。去年の夏から1年間検討に検討を重ねてこのプロセス、市民への情報共有(市政のガラス張り)の徹底、大丈夫でしょうか。

 - 子ども子育て

  関連記事

総合こども館整備特別委員会が開催。市民・保護者・職員の皆さんの意見を出来る限り取入れ、”どこまでも”お母さんのための施設に。

本日は「総合こども館整備特別委員会」でした。先日4回目が行われました公募市民の皆 …

今年2回目ですが「ヨコミネ式教育法」横峯先生のお話を聞きました。乳幼児における「しつけ」と「自由に育つ環境」の両立について。

今年2回目になりますが、「ヨコミネ式教育法」の横峯先生のお話を聞く機会を頂きまし …

総合こども館の住民説明会(地域説明会第6回目、保護者・PTA合わせると第16回目とのこと)、地元の小学校にて参加。

昨日の19時より、地元の舞小学校で行われました(仮称)総合こども館の住民説明会に …

本日は本会議(最終日)、昼からは総合こども館整備特別委員会が開催されました。

本日は朝から本会議(6月議会の最終日)がありました。 内容の主なものは委員会付託 …

子ども未来PTの7~9回目の会議内容がオープンにされています。

先日の怒涛の3~6回の会議内容一挙オープンに引き続き、あと3回分(会議はもう一回 …

本日は第7回目の「さかそう会」でした。たくさんの市民の皆さんにお越しいただきました。

本日は朝10時よりあたごプラザのホールで市政報告会「さかそう会」を開催させていた …

阪南市地域子育て拠点再構築方針 中間とりまとめ(案)タウンミーティングに参加。

14時スタート。 このタウンミーティングは「公開タウンミーティング」です。 約3 …

こども未来PTの1回目・2回目の会議の内容詳細が公開されています。

市のホームページに「子ども未来PT(プロジェクトチーム)会議」の内容詳細が公開さ …

子育て拠点整備特別委員会。市民参画と行政責任、このままで市民がナットクできるのか。

本日は子育て拠点整備特別委員会。3月議会で補正予算(総合こども館関連予算をゼロに …

本日は(おそらく最後の)総合こども館整備特別委員会。まだ頭から湯気が出ています。。。

本日は総合こども館整備特別委員会でした。タイトルで「おそらく最後の」と言ったのは …