人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

道徳教育

      2016/04/29

現在、
小中学校では年間35時間の「道徳の時間」が設けられています。
先般、
文部科学大臣が
「道徳の副読本を家に持ち帰らせてください」と
発表したことがニュースになりましたが、
阪南市では全校生徒に配ってはいるものの、
家に持ち帰らせたりはしていないようです。

IMG_3879

というのも、
・副読本は2~3年間の複数年の利用になるため、紛失・損傷しないように。
というのが主な理由です。

大切なのはその「道徳の時間」の内容で、
阪南市では各中学校単位(5中学)で
その地域の特性を活かした内容にするため、
担当の先生同士による意見交換が行われています。
ここの地域のこの学年は生活習慣に重点を置こうとか、
もう少し規則尊重を強化しようという方向付けが行われ、
それに準じて指導内容を細かく調整しています。

道徳教育のプログラムがどういう風になっているかというと、
各学年ごとに項目が増えていく方式で、
小学校1・2年生だと、

(1)自分自身に関すること【基本的な生活習慣、勤勉努力、善意の判断・勇気、正直・明朗】
(2)他人のかかわり【礼儀、思いやり・親切、友情、感謝】
(3)自然や崇高なものとのかかわり【生命尊重、自然愛・動植物愛護、畏敬の念】
(4)集団や社会とのかかわり【規則尊重・公徳心、勤労、家族愛、愛校心、郷土愛】

こんな感じの項目ですが、
これが5・6年生になると、

(1)自分自身に関すること【基本的な生活習慣・節度、希望・勇気・努力、自由・規律・責任、誠実・明朗、真理愛・創意工夫、個性の伸長】
(2)他人のかかわり【礼儀、思いやり・親切、信頼友情・男女協力、寛容・謙虚、尊敬・感謝】
(3)自然や崇高なものとのかかわり【生命尊重、自然愛・環境保全、畏敬の念】
(4)集団や社会とのかかわり【公徳心・規則尊重・権利、公正公平・正義、役割と責任の自覚、勤労・奉仕、家族愛、愛校心、郷土愛・愛国心、国際理解・親善】

このように一気に増えます。
いずれにしても
阪南市の宝である子ども達の心を育てるプログラムです。
慎重に、かつ大切な時間にしてほしいと思います。

 - 教育

  関連記事

総合こども館の「幼保連携型認定こども園」と「子育て総合支援センター」のパンフレットが配布されています。

総合こども館整備計画の内、建物の事や主にハードの事は先月に発表されたパンフレット …

五中祭

阪南市内の 5中学校のPTAの皆さんで行われる 「五中祭」に参加させていただきま …

まい幼稚園 おやじの会

まい幼稚園のPTAの皆さんと まい幼版おやじの会が開かれました。 活動内容は、遊 …

舞小学校おやじの会

日曜日 舞小学校の「おやじの会」による保全作業が行われました。 今回は遊具のペン …

阪南市ヒューマンライツセミナー2016。今年度の第一弾は「みんなの学校」。入場無料・予約不要。

阪南市では人権に関する問題全般に対する取組として「ヒューマンライツセミナー」とし …

海と陸のつながりを味わおうイベント。今年度の第3回/全6回は「稲刈り」。

去る24日に海と陸のつながりをあじわおうイベントに少しだけでしたが参加させていた …

アマモサミットその後。子ども達の学習は次のステージへ。

全国アマモサミットが無事に終わってほっとしている阪南市ですが、子ども達はすでに次 …

かぼちゃのくに

市役所玄関、 今、「カボチャの国」になっています。 まい幼稚園の皆さんによる作品 …

山中公立小学校跡:地福寺の手前に筆神さんがあります。

今、阪南市が観光地域として「豊かな海」と並んで力を入れております「山中渓」地区。 …

チューリップ

小学校に行ってみると、 一年生(新二年生)が植えて育てていた チューリップが満開 …