人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

はんなん夢まち大学に飛び入り参加させていただきました。「福祉のまちづくり」とは・・・

      2016/12/04

はんなん夢まち大学に飛び入りで入学(最終回なのにすいません)させてもらいました。

img_2197

はんなん夢まち大学は去年から始まった市民活動センター夢プラザが主催の事業です。今回が今年度最後(全6回)の講義で、ざっと30名の受講生(参加者)がいました。内訳は、これもおおよそですが市職員40%、市民活動センター関係者15%、大学生(今回特別に先生が大学のゼミ生を連れて来ていただきました)15%、一般市民30%といった感じでしょうか。

img_2198

最終回は「まちづくり増進型のワークショップ」です。福祉を通じてどうやってこれからの「まちづくり」をしていくのか考えるグループワークでした。今、阪南市が抱える問題を抽出し、どうやったら安心して、また幸せに暮らせるか、何が必要か、各グループが真剣にディスカッションしました。

img_2199

我々のグループ「さつき(グループ名)」は、「地域のコミュニティ」をテーマに「小学校(などの公共施設、および空き民間施設)の空き教室の利活用」が必要だと考えました。阪南市内には現在、2つの小学校が空き施設(旧朝日小学校山中分校、旧下荘小学校)になっており、来年4月にはもう1つ(東鳥取小学校)、平成32年にはもう一つ(尾崎中学校)増える予定です。

こうした空き施設を活用し、地域が自立した地域福祉ビジネスモデルを展開していこう、というのが我々の結論でした。最終的には「地域オリンピックの開催」を目指して。(笑)

お越しいただいたゼミの大学生が言ってましたが、どの地域でも似たような問題・結論になる、とのこと。どの地域でも「地域を引っ張るリーダーの存在が必要」であるということ。どうやってモデルタイプとして作り上げるか、、、先生が今回出たたくさんのいいアイデアについて、最後に仰ってました。

あとは「やるか、やらないか」だ!

 - 教育, 日々の活動, 福祉

  関連記事

舞小学校のアマモがスクスク育っています。11月の全国アマモサミットに向けて。

舞小学校の6年生が去年から教室の前でアマモを育てています。今年の11月に行われる …

no image
さかそう通信

さかそう通信第10号(3月号)までのバックナンバーを アップいたします。 今回は …

ひょうたん

本年も市役所の裏側では 「ひょうたん普及いいん会」の皆さんによる(と思われる)、 …

泉佐野泉南医師会看護専門学校の入学式に参加させていただきました。

先日の卒業式に続いて、泉佐野泉南医師会看護専門学校の入学式に参加させていただきま …

あたごプラザ夏まつり

あたごプラザ夏まつりに参加させていただきました。 プログラムは去年と同様、 そう …

平成27年度阪南市PTA大会兼人権研修会に参加。とても「旬」なお話をお聞きいたしました。

本日は平成27年度、阪南市PTA大会 兼 人権研修会に参加させていただきました。 …

イソヒヨドリ

先週、駅に立っているときから、 一日にほぼ一回ずつ出会います。 駅立ちのときには …

選挙戦が無事終了

皆様、 ありがとうございます。 本日、 夜8時をもって 選挙カーでの活動が無事終 …

あたたかい

本日は 和泉鳥取駅での駅立ちでした。 暖かかったですね。 コートを脱いで市政報告 …

平成27年度「OSAKAきっずなー」総会と映画「みんなの学校」上映。この映画、絶対みんな見たほうが良いです。

大阪府の地域コーディネーター連絡協議会、いわゆる「OSAKAきっずなー」の今年度 …