人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

受水池と配水池

      2016/09/08

週明け9月2日から議会が始まり、その中で私が一般質問をします。今回のテーマは「インフラ」。様々なインフラについて阪南市の考えを聞きます。

色々なインフラを取り上げますが、余り皆様に知られていないものがありますので、予習をしておきたいと思います。

何かと申しますと受水池(じゅすいち)と配水池(はいすいち)です。上水道施設です。

阪南市の上水道は

琵琶湖

大阪広域水道企業団のパイプ

阪南市の受水池(分岐してポンプで配水池まで水を上げる所)

配水池(高いところに設けられて水を貯めている)

各家庭に送られる。

こんな感じです。普段、蛇口をひねったら水がジャーって出るのが当然と思ってますが、これらの施設がきちんと働き、市の職員さんが定期的に点検したり、メンテナンスをしてくれているので、我々の水道からは安全な水が出ます。
さて、阪南市の受水池と配水池には設置後40年以上経過しているものもあり、早急に対応しなければならないものもあります。

私自身じっくり施設を見たことがなかったので、先日、この忙しい・暑いのに無理を言って、上水道課の方々に案内してもらいました。詳しい内容は議会の一般質問でやりますので、今回はその見学レポートだけにします。なお、いずれの施設も普段はセキュリティがかかっており、誰も近づくことができません。

IMG_1592

石田配水池です。設置後40年以上ですが、先般、耐震補強工事と、塗装などの改修工事が終了しています。

IMG_1610

鳥取配水池です。舞地区のど真ん中にあります。なんと、この配水池は箱作東・住金住宅から貝掛、鳥取、黒田、下出、尾崎までをまかなっております。(すごい広い)これも先般、耐震工事が終了しております。半分地下に埋まっていますが、大きく2層になっており、その片一方は地震などの大きな災害の時の緊急貯水タンクになっています。

IMG_1612

コンピュータ制御で大地震発生時は即時対応できるようになっています。

この2件は、現在改修が終り何の問題もありません。ありがとうございます。

さて!問題はここからです。

IMG_1601

緑ヶ丘の配水池です。設置後40年経過しています。敷地が狭すぎて、全景が撮れていません、すいません。
モルタル(セメント)の防水性能はなく、一部亀裂、剥落が起こっています。屋根の上に上る梯子は辛うじて首の皮一枚でつながっている感じで、点検の際など、とても危険です。

IMG_1616

阪南市の配水池の老朽化ワーストワンは光陽台の配水池です。舞5丁目の上にあります。モルタルが剥がれ落ち、エフロレッセンス(建築用語ですいません、白華現象といって、セメントが水と反応して白い結晶になるものです)もあちこちで見られます。ここまできてしまうと改修は不可能かと思います。別個で新築しなければなりません、おそらく。

以上、見学レポートでした。
今回、受水池についても見学しましたが、機械的には定期的にメンテナンスや交換がなされています。建物的には古いものが多いですが、配水池に比べて、受水池は建物というよりポンプの機械メインなんで、問題は少ないかなと思います。

詳細は月曜日の議会で市長と担当部局にお聞きします。もしご興味のあられる方はぜひ傍聴にお越しください。詳細は市のホームページをご覧ください。

最後になりましたが、汗まみれになって案内いただいた、上下水道部のみなさん、本当にありがとうございました。

 - 阪南市情報

  関連記事

第二阪和国道

9月30日に淡輪ランプから箱の浦ランプまで通行止めになった 第二阪和国道。 当初 …

市有財産売払いのお知らせ(条件付一般競争入札)・・・旧家電量販店建物の入札です。

市民の皆さんから、情報発信が少ないというお声をいただきましたので、先日も書きまし …

紀淡連絡道路

紀淡連絡道路実現期成同盟会ってあるの ご存知でしょうか? 和歌山市と 淡路島の洲 …

かぼちゃのくに

市役所玄関、 今、「カボチャの国」になっています。 まい幼稚園の皆さんによる作品 …

交通安全

先日、 阪南市のフェイスブックにも載りましたので、 二番煎じ感が否めませんが、 …

市役所

なんとか市役所には到着できました。 26号線に関しては 和歌山行きに関してはほと …

悠歩みち

阪南市役所の2階の生涯学習部さんの前に 「悠歩(ゆうほ)みち」っていう 散策マッ …

大阪湾のおさかなを食べよう!南泉州おさかな倶楽部の会議に参加しました。

「大阪湾のおさかなを食べよう!」と活動されています南泉州おさかな倶楽部の会議に参 …

広報はんなん7月号より。子育て拠点の話と自治会加入率アップの新たな取り組み。

広報はんなん7月号の配布が始まっています。 今回の7月号はまず、子育て拠点につい …

住民センター

住民センター。 私ら生まれたときからあるので、正直、 地域にはあって当然、と思っ …