人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

二元代表制

      2016/04/09

少し難しい話ですが、
政治、特に地方自治の中で
「二元代表制」
これについて勉強したいと思います。

日本の憲法では
地方自治についてその長と議会議員を選挙で選びなさい、
となっています。
阪南市長と阪南市議会議員は選挙で選ばれています。
この双方がお互いに良い関係で緊張関係にあり、
お互いに阪南市の将来のために働いていく、
いわゆるこれが
「二元代表制」です。

国は違いますね。
国会議員は選挙で選びますが、
内閣や首相は国会議員内で選びます。
これは
「議院内閣制」といって
地方自治とは全然違うところです。
こちらの説明はウィキペディアに任せます。

さて「二元代表制」、
言葉は難しいですよね。
議員の仕事は以前にブログに書いているので、
そちらを参考にしていただくとして、
「議会」と「市長」
この関係を整理したいと思います。

市長には
政策や予算など、
これからの阪南市の将来について「提案権」はありますが、
「決定権」はありません。
「決定権」つまり「議決権」を持っているのは議会です。
市長の「提案」を議会が「決定」する、
こんな関係になっています。
もちろん議決された事案に対して、
市長は執行権(権利なんですね。。。)を持ち、
どんどん執行していきます。

もちろんお互いに
暴走しないため、
阪南市の行政のスムーズな進行を阻害しないため、
市長は議会に対する「解散権」、
議会は市長に対する「不信任決議」、
それぞれの権利もあります。

大切なことは
「議決権」は議会にある、
ということです。
阪南市の未来のために、
考え、議論し、責任をもって「決定」するためには、
議員一人一人が相当勉強しなければなりません。
もちろん前向きな志も持たなければなりません。
一人で対処しきれないところは
適切なパーティを組んで進めていかなければなりません。

頑張っていきたいと思います。
どうか市民の皆さんにおかれましても
たくさんのご意見を議員にお寄せいただき、
阪南市の将来、
子ども達の将来について、
一緒に考えていきましょう。

IMG_1906

写真は最近の議場の様子。
いつもは
議席の机の上に議員の名札が立っていますが、
議席が決まりきっていない時でしたので、
立っていません。
(現在は決まっています。私今まで1番でしたけど、これからは11番になります。)
月曜日からは臨時議会で、
議長などの役員が選出されます。

 - 市議会

  関連記事

会派勉強会

第2回会派勉強会が開かれました。 今回は 第一新政会より1名、 第二新政会より3 …

市議会の傍聴

さて、 いよいよ来週の月曜日 12/3~議会定例会が始まります! 私は僭越ながら …

駅周辺整備特別委員会

本日、 駅周辺整備特別委員会が 10時より開かれます。 委員会なのでもちろん市民 …

南大阪振興促進議員連盟の大阪府要望に参加。政府要望と同じく泉州の下水担当。

南大阪振興促進議員連盟(南議連)の大阪府要望のために大阪府庁を訪れました。 大阪 …

議会運営委員会を開催いたしました。議長はオブザーバーとして参加。

議会運営委員会を開催いたしました。3月1日から始まる本会議の中身を決める会議です …

平成25年第3回定例会

つい先日も紹介させていただきましたが 9月2日から議会が始まります。 昨日議員連 …

南議連

南議連(南大阪振興促進議員連盟)の会議が 貝塚コスモスシアターで行われ、 参加さ …

市長が決断「旧家電量販店を子育て施設に活用しない」

本日は子育て拠点整備特別委員会が開催されました。 NHKを始め新聞各社が取材に来 …

全員協議会が開催。幼稚園・保育所の耐震診断状況の「速報値」の説明が行われました。

市議会にて全員協議会が開催されました。 幼稚園・・保育所の耐震診断状況の「速報値 …

副市長が決まりました。これで三役が勢ぞろいしたことになります。

3月議会の最終日に副市長が決まりました。議会にはこの当日まで名前もどんな人なのか …