人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

政治に関心を持つということ

      2016/01/31

阪南市議会議員選挙の
看板が街のあちこちに立ちました。
いよいよです。

IMG_1753

では
ここで最近の阪南市議会議員選挙の投票率を見てみましょう。

昭和60年 76.8%(町議会)
平成元年 無投票
平成 5年 70.8%
平成 9年 68.08%
平成13年 63.82%
平成17年 61.42%
平成21年 61.37%

昔に比べてずいぶん減っていますね。
年齢別に検討してみますと
去年の衆議院選挙のデータで地方選挙と少し違うかもしれませんが、

20代 37.89%
30代 50.10%
40代 59.38%
50代 63.30%
60代 68.02%
70代以上 74.93%

若者の政治無関心が目立ちます。

そこで
政治に関心を持つという事を
考えてみたいと思います。

日本は国民主権で、
主役は国民(市民)です。
でも国なら1億2,500万人みんな集まって、
阪南市なら5万7,500人みんな集まって、
いろいろ決めたり、
提案したりするのは難しい。
ってか無理。
なので
代表者を選挙で選ぶわけです。

選ばれた議員は
国民(市民)の意見を聞き、
国民(市民)のために
勉強し、走り回って、
いろいろ決めたり
提案します。

阪南市民は
阪南市での今の生活や環境を踏まえて、
「こんな風になったらいいのになぁ」
「もっとこんなんして欲しい」
「これは止めてほしい」
と自分の生活、子ども達の将来について
興味を持って、
希望をもって、
その意見を聞いてくれる人に
投票します。

もちろん
今は働きに出ていて
ほとんど阪南市にいらっしゃらない方も、
家族のため、知り合いのため、
将来の自分のために
阪南市について考えてもらわなければいけません。
なぜかというと
始めに言ったように
あなたが「主役」だからです。

特にこれから
20代、30代、40代の人口を増やしたい阪南市ですので、
若い世代には特に
「どんな阪南市が良いのか」
考えてもらわなければいけません。
何度も言いますけど
「主役」だからです。

「主役」が自分の事や、
周りの事に関心を持ってもらわなければ、
たちまちストーリーが終わってしまいます。

のび太「ドラえもーん助けてー」
ドラえもん「興味ないね」

簡単に言えば
選挙に行かないとは、こんな感じです。(市民皆さんが「ドラえもん」主役だとして)

個人によって興味の持ち方、
関心の量はもちろん違うと思いますが、
多少にかかわらず、
考え、取り組む第一歩はまず選挙です。

どうか、
阪南市の皆さんが
一緒に一生懸命考えて、
よりよい生活を手に入れ、
安心して安全に暮らせる街を、
「住んで良かった、最高」
と言える街を、一緒に作っていきたいと思います。

まず
選挙に行きましょう。

期日前投票についてはこちら

 - 市議会

  関連記事

大阪府市議会議員研修会

本日は大阪府市議会議員研修会が 万博記念公園の ホテル阪急で行われました。 府下 …

本日から12月議会が開会いたしました。トップバッターで質問させてもらいました。

本日から12月議会が開会いたしました。 今回、私が1時間の中で聞かせていただいた …

常設型の住民投票条例(全国54例目/1,741市町村)における外国人の参政権について。総務事業常任委員会

総務事業常任委員会が開催されました。 今回大きな議案はタイトルに書きました常設型 …

泉南清掃事務組合の行政視察に参加。ほぼ完全リサイクル施設、高温ガス化直接溶融炉

泉南市選出の議員と阪南市選出の議員、そして職員の皆さんで構成される泉南清掃事務組 …

おざき出会い館にて議員懇談会。市議会より6名の議員が参加。

NPO阪南まちづくり推進ネットさんによって、初の試み「議員懇談会」が開催されまし …

議会運営委員会が開催され、6月議会の会期やその内容が決まりました。会期は3日間です。

本日、議会運営委員会が開催されまして、6月議会の会期が11日(月)~13日(水) …

南議連

南議連(南大阪振興促進議員連盟)の会議が 貝塚コスモスシアターで行われ、 参加さ …

旧家電量販店、新たな条件をただいまから提示します。公募型プロポーザル。締め切りは今週金曜日。

本日、急遽、総務事業水道常任委員会が開催されまして、表題の件について議論がされま …

阪南市議会、議員定数を16人→14人に減らしました。阪南市の現状と近隣市の状況を鑑みて。

本日は6月議会の最終日でした。昨日お伝えしておりました通り、議案審議が行われまし …

昨日は御用納め。泉南清掃事務組合の例月監査でした。

昨日は泉南清掃事務組合の例月監査でした。 昨年のこのタイミングもそうでしたが、年 …