人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

まい幼稚園の入園式に来賓として参加させていただきました。

      2018/04/11

卒業入学シーズン、最後の行事で、地元まい幼稚園の入園式に来賓として参加させていただきました。

おうちの人に付き添ってもらって新入生のみんなはドキドキ、ワクワク、ソワソワ。

園長先生、教育委員会、市長、PTA会長の挨拶につづいて、4歳児さんと5歳児さんによるお祝いの言葉と歌。こちらはピシッと気合入って、さすがお兄ちゃんお姉ちゃんという感じでした。これからみんな仲良く、自然豊かなまい幼稚園で思いっきり楽しんでね。ご入園ほんっとにおめでとうございます。

ズラッと子ども達が並んで元気な姿を見た時、まい幼稚園は耐震補強終わっているとはいえ、この子ども達の安全と将来の阪南市の子ども達の教育保育環境、一刻も早く方向性を出し、市民の皆さんとしっかり情報共有を図りながら整備を始めないといけないなぁと深く感じました。議会としても一丁目一番地としてしっかり議論していきたいと思います。

少し入園式の話題とは外れますが、まい幼稚園と言えば、子育て拠点整備の議論の中で時々話題に上がる「土砂災害警戒区域」という問題があります。

大阪府の資料をお借りしますと、こんな感じです。

上の図の中で黄色いエリア赤いエリアが指定されています。

土砂災害警戒区域(黄色い部分)(土砂災害のおそれがある区域)

●情報伝達、警戒避難体制の整備
●警戒避難に関する事項の住民への周知

土砂災害特別警戒区域(赤い部分)(建築物に損壊が生じ、住民に著しい危害が生じるおそれがる区域)

●特定の開発行為に対する許可制
対象:住宅宅地分譲、社会福祉施設等のための開発行為
●建築物の構造規制(都市計画区域外も建築確認の対象)
●土砂災害時に著しい損壊が生じる建築物に対する移転等の勧告
●勧告による移転者への融資、資金の確保

この様に定められています。私の見解としてましては、上の2地域、敷地には土砂災害警戒区域が一部かかっておりますが、建物はエリア外にあります。よって児童の普段の教育活動には問題がないものと考えていますが、災害が起こった場合の当該区域に対する警戒避難などはしっかり先生、子ども達、保護者、近隣の皆さん全員が共有しておかなければならないと思います。

 - 教育, 日々の活動, 防災

  関連記事

総会の日々。阪南市シルバー人材センターと泉南地区PTA協議会へ。

春のシーズンには様々な団体で「年次総会」が開催されます。今年は議長としての来賓参 …

初登庁

初登庁いたしました。 阪南市の色々な情報を たくさん かつスピーディに 皆さんに …

「海と陸のつながりを味わおう!」イベントに参加。やっぱり海は食べなきゃ!

NPO法人CAN(環境教育技術振興会)が中心になって構成される「海と陸のつながり …

根来山げんきの森

今日は見学で 和歌山の 根来山げんきの森 に伺いました。 もともとは和歌山県の施 …

大阪府商工会青年部の主張発表大会に参加しています。

本日はこれから始まる「第22回大阪府商工会青年部主張発表大会」に参加させていただ …

地域のコミュニティ、あたごプラザの駐車場がきれいになりました。

地域コミュニティとして100人を超えるボランティアの皆さんに支えられ、年間3万人 …

すっかり暖かくなりました。阪南市役所で春が真っ先に訪れる場所。

昨日今日と、すっかり暖かくなって、毎日花粉にビクビクしております。 この季節にな …

(仮称)防災コミュニティ等拠点施設

このブログでも何度か書かせてもらっております、 (仮称)防災コミュニティ等拠点施 …

本日はまい幼稚園の入園式。あいにくの雨ですが、子ども達は元気です。

本日はまい幼稚園の入園式。28名の元気な子ども達が入園いたしました。 4歳児さん …

尾崎小学校お別れ式

昨日、 尾崎小学校のお別れ式に参加させていただきました。 昨日をもって 子ども達 …