人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

初代天皇、神武天皇の東征と阪南市について。その3

      2019/02/23

2話で完結しようと思っていましたが、「その2」で触れました、阪南市の長楽寺についてもう少し深堀しておきます。

男里川の上流、男里川と泉南市の金熊寺川が合流するところより少し山側、平野台の湯やゴルフ場の横にあります。というよりゴルフ場も温泉も、もとは長楽寺の敷地だったらしいです。

階段を上がると参道の両脇にはたくさんの石像が両側に立ち、両側の木々が凛とした空気を醸し出しています。

すごくすがすがしい空間です。

立て看板がありましたので内容を写します。

長楽寺-平野寺跡(真言宗)

創建などについては明確ではありませんが、縁起については以下のようなことが記されています。奈良時代に行基によって開設され、七堂伽藍の巨利を造り一寸八分(約5.5㎝)の胎蔵大日如来を安置したということです。その後、天正13年(1585)に豊臣秀吉が紀州の根耒寺を攻めた時にこの寺も焼かれ、伽藍がことごとく灰になったということです。一方、江戸時代に著わされた「泉州誌(せんしゅうし)」とうい泉州の地理を扱った書物にも「昔は金堂、大日堂、白山社、大門及び六坊あり」と記されており、かなりの大寺院であったことが伺えます。実際に山内からは平安時代から鎌倉時代のものと思われる軒瓦や鬼瓦が出土しています。そのうち数点が町教育委員会で保管されています。また、この寺の本尊である十一面観世音菩薩像は弘法大師の作と伝えられており、天正の火災のときには単身向かいの松の木に飛来したことから、この松を「影向の松」と称されるようになったという伝説も残っています。

伝えを読む限り、もとは相当大きなお寺だったことが分かります。上の写真は前回お伝えした神武天皇の七塚のうちの一つです。

今回ブログの内容は、少し神武天皇からは外れましたが、総じて阪南市の文化遺産しっかり子ども達に伝え、大切にしていきたいと思います。

 - 観光, 阪南市情報

  関連記事

阪南はなやか観光協会のポスターが無料配布されています。ご自由にお取りください。

市役所玄関の案内受付近辺に、来年のカレンダーの無料配布が始まっています。 阪南は …

チョウセンアサガオ

市役所のどこかに チョウセンアサガオがあります。 探してください。 この白い花で …

まるごと100円商店めぐり

去年の12月にもありましたが、 またもやご好評につき、 「まるごと100円商店め …

阪南コットンプロジェクト

阪南コットンプロジェクト。 久しぶりに 阪南コットンファームの様子を。 6月24 …

(仮称)阪南市立総合こども館 整備事業計画についてのカンタンな説明。

阪南市には公立の幼稚園が4園、保育所が3所あります。 どれも老朽化しており、7か …

阪南コットンプロジェクト。今年も収穫中盤に差し掛かっています。台風が来ても倒れないように。

阪南コットンプロジェクト。 市内の畑で今年も大きく育っています。 台風が来るかも …

泉南阪南共立火葬場の完成内覧会。市民の皆さんには来週の月曜日に。

本日、午前中の総務事業水道常任委員会のあと、お昼から阪南市議会議員を対象に泉南阪 …

市民参画→阪南市総合計画の後期計画についての市民説明会が行われます。

市長が変わり、「市民参画」が積極的に、前面に打ち出された街に生まれ変わろうとして …

いま、阪南市で知っておいて欲しい7つのこと。その(7)政治の大切さ。選挙に行こう!

いよいよこの「いま、阪南市で知っておいて欲しい7つのこと。」シリーズも最終回にな …

全国アマモサミットin阪南まで1か月を切りました。みんなで盛り上がっていきましょう!

11月2~4日で開催されます「全国アマモサミットin阪南」まで1か月を切りました …