人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

地震への備えについて、熊本地震を踏まえてしっかり考える。

      2016/05/09

日本政府の地震調査研究推進本部のホームページがあります。→こちら

大阪南部、南泉州では、近いうちに発生すると言われている「南海・東南海トラフ大地震」、比較的発生する可能性は低いと言われていました「中央構造断層帯による大地震」、これら二つの予想される地震(主に南海トラフ地震)が様々な防災の取り組みの基準になっています。

南海トラフ地震を想定した大阪府のデータを基にした阪南市の地図を見てみましょう。

まずは震度の分布。

160507jisin

阪南市のほとんどが「震度6強(オレンジの部分)」と想定されています。一部、舞の上の方と桃の木台で「震度6弱(黄色い部分)」と想定されています。

もう一つ、液状化の想定を見てみましょう。液状化とは、地下水位が比較的高い所&砂の地盤で起こる現象で、条件が揃ったところがグッと揺すられると地盤の強さが急に弱くなって砂が液体みたいになって吹きだしたり、沈み込んだりする現象です。阪神大震災の時の特に臨海部に見られました。建物が沈み傾いたり、設備配管などが損傷を受けたりする被害が発生します。

阪南市の南海トラフ地震の液状化想定です。

160507-2jisin

舞の一部や尾崎の一部で赤く(可能性が高く)なっています。あとオレンジの部分や黄色い部分も気を付ける部分になっています。

大阪府の他の地域の想定図を見たい方はこちらをご覧ください。→こちら(大阪府のホームページ)

阪南市の防災について情報はこちらをご覧ください。→こちら(阪南市のホームページ)

今回の熊本地震のニュースで盛んに「結局、地震の予知は不可能だ」ということが言われています。

現に、政府の地震調査研究推進本部が発表している地震の起こる可能性の分布図がこちらです。

160506jisin

この図は今後30年 震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布図で、26%以上が濃い赤、6~26%が濃いオレンジ、3~6%が普通のオレンジ、0.1~3%が薄いオレンジ、0.1%以下が黄色です。

もっといろんな想定もされていますので、詳しくご覧になりたい方はこちら(地震ハザードステーションのホームページ)をご覧ください。

この政府の発表では熊本よりも大阪の方が遥かに地震の可能性が高い地域だということが一目瞭然です。

危険や不安を煽ってはいけませんが、地震は本当にいつどこで起こっても不思議じゃないということです。

我々の一人一人が普段から防災について考え、

今できることをし、

将来のことを真剣に考えていかなければなりません。

 - 防災

  関連記事

第59回大阪府消防操法訓練大会、阪南市の第4分団が見事優勝!

去る9月6日、第59回大阪府消防操法訓練大会【小型ポンプ操法の部】において見事、 …

小此木防災担当大臣に尾崎駅の視察に来ていただきました。

一昨日、片山さつき参議院議員に尾崎駅の被害状況を視察していただいたのに続いて、昨 …

【阪南市で至急拡散ねがいます!熊本地震支援】トイレットペーパー、紙おむつ、ウエットティッシュを「阪南まもる館」にお持ちください!

阪南市では救援物資(3品目限定)の募集を本日22日から30日まで、朝9時~17時 …

ボランティア活動をされる方はまず、社会福祉協議会(社協)でボランティア保険に加入してください。

たくさんの要望(ニーズ)が寄せられていますが、なかなか対応できないのが現状です。 …

泉南警察

先日も少し記事で書かせていただきましたが、 最近、不審者が多発しています。 泉南 …

南海トラフ巨大地震

先日、議員研修会での講演会の内容、 南海トラフの巨大地震について 少し皆さんと勉 …

泉州南消防組合泉佐野消防署日根野分署竣工式が開催されました。

泉州南消防組合の泉佐野消防署に新しく日根野分署が竣工されました。 場所は日根野野 …

避難所

先日の 福祉のまちづくりを考える座談会 にて、話題になった 「避難所」という考え …

炊きだし

去年もお手伝いさせていただきましたが、 今年も地元の幼稚園で 避難訓練&自主防災 …

防災セミナー

先週の話ですが、 舞地区で、 市役所の方々による出前講座が行われました。 「阪南 …