人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ONE ACTION 時代の1歩先をゆくまち 阪南~

*

本日で9月議会が閉会いたしました。住民投票条例(常設型)における永住外国人について。

   

本日で9月議会が閉会いたしました。

先日、このブログで書かせていただいた住民投票条例について、大阪維新の会さんより提出されました「公職選挙法に準ずる形の」修正案に対して賛成の立場で討論をさせていただきました。

その部分のyoutubeはこちら

原稿も載せておきます。↓

住民投票条例 修正案に対して 賛成の立場で討論をさせていただきます。
この住民投票条例は3年前の「総合子ども館」の議論から端を発し、また「総合子ども館計画を中止すること並びに阪南市立幼稚園及び保育所を存続させることについての意思を問う住民投票条例制定について」の議案が提出されたときの議論から、当条例が阪南市に必要であり、整備すべき条例として阪南市自治基本条例推進委員会で検討が進められてきました。
委員会を運営し、提言としてまとめていただいた関係各位には深く感謝を申し上げます。しかし、内容を拝見すると、永住外国人の投票権について、議論の上で何度も議題に上がってはいるものの、「当面は」「今のところは」永住外国人を入れておくのが妥当であろう、という議論で落ち着いています。もっとも大切な日本国憲法、公職選挙法、地方自治法などの関係からくる、外国人参政権と住民投票の権限の境目や、今後の阪南市の将来を見据えた検討条件の設定などは行われず、最終的に提言書の中に「外国人を取り巻く環境など、その状況に応じて参政権も議論しなければならない時がくると思う。」とくくられています。
もっとも大切な部分が欠落していると言わざるを得ません。
しかしながら、関西国際空港が近い本市の近い将来、たくさんの外国人の皆さんが訪れ、住み、暮らしていくことも十分に想定され、もちろん、外国人のみなさんとも手と手を取り合い共に地域におけるまちづくりをしていかなければならないことも十分に理解できます。
よって、「当面は」「今のところは」永住外国人は含めず、条例制定をし、国の議論、外国人参政権のあり方など、もっと議論が醸成してから、阪南市としても、十分に議論を尽くしてから、外国人の項目を条例に書き込んでも遅くないはずです。一度認めた権利は、改めて制限をかけにくいことは周知の事実です。
以上の事から、住民投票条例 修正案に対して 賛成いたします。

原稿は以上です。採決では原案に賛成8、修正案に賛成5で、原案が可決されました。よって住民投票条例に永住外国人の投票権が認められることとなりました。

そうそう、本日から、傍聴された方の声を聴くためにアンケートを実施させていただくことになりました。早速、本日傍聴に来ていただいた方々が記入していただいたようです。ありがとうございました。

 - 市議会

  関連記事

なんとも忙しい1日が終わりました。朝から会議づくめ。病院事業会計の不正についての議論も。

なんとも忙しい1日が終わりました。朝から会議づくめです。 そのたくさんの会議の中 …

厚生文教常任委員会と子育て拠点整備特別委員会、そして厚生文教常任委員会。

12月10日に厚生文教常任委員会が開催され、議会の付託案件、その他が審議されまし …

全員協議会

昨日、ご紹介した通り、 本日より気持ち新たに登庁です。 まず「全員協議会」が開催 …

市長の後援会パーティ

市長の後援会 「ふくやま敏博躍進の会」の政治資金パーティに 寄せていただきました …

平成25年 第1回定例会(議会)

来月、 3月は議会のある月です。 年に4回、3か月ごとにあります。 議会の開催中 …

続きです。「市長による市民説明会は計画していただく」「パブコメによる意見採用もどこをどうするか検討する」

昨日のブログの続きで、総務事業水道常任委員会についてです。 ・行財政構造改革プラ …

名称改め「子育て拠点整備特別委員会」が開催されました。PTやWSについて。

名称が総合こども館整備特別委員会から変わりました、「子育て拠点整備特別委員会」が …

市議会議員共済会第115回代議員会に参加。国との情報交換・レクチャーも。

東京、都市センターホテルで行われました「市議会議員共済会第115回代議員会」に出 …

市長が決断「旧家電量販店を子育て施設に活用しない」

本日は子育て拠点整備特別委員会が開催されました。 NHKを始め新聞各社が取材に来 …

《阪南市》自習室解放の中止。新型コロナウイルス対策本部会議より。

新型コロナウイルス対策本部会議よりお知らせです。 明日2月29日(土)より当面の …