人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

平成31年になって初めての子育て拠点整備特別委員会が4月23日開催されます。

      2019/04/17

大変ご無沙汰ですが、子育て拠点整備特別委員会が4月23日10時から開催されることになりました。

もちろん正副委員長が交代してから「初」です。現在、委員長は日本共産党の大脇議員、副委員長は市民倶楽部の浅井議員です。市民の皆様におかれましては別室での映像生放送での傍聴が可能です。もしお時間のあられる方は傍聴にお越しくださいませ。

さて、配布されております議案は

(1)阪南市における就学前の教育・保育・子育て支援のあり方について(答申)について

(2)子ども・子育て支援事業計画策定のためのアンケート調査について

以上の2点です。

少しおさらいしておきますと、(1)の答申については1年3か月前の市長からの諮問に対する子ども子育て会議からの答えです。この諮問に対して昨年度5回の子ども子育て会議が開催されまして、そこで出た意見を集約して今回の答申となっています。さて、この1年の子ども子育て会議の委員の参加状況はどうだったのでしょうか。会議録が市のホームページに載っていますので、そこから拾ってまとめてみると、、、

こんな感じになります。公立施設の職員や、公立幼稚園のPTA、子育て関連のNPOの参加率は高いですが、公立保育所の保護者や私立施設からの参加は少ない、またはありません。2年前、市長が「民営化を基本として、認定こども園化について検討」という考え方(案)が出ているうえで諮問されたにもかかわらず、今回の答申の内容が「公立幼稚園の良さや適正規模」について深堀されていることについては、上記参加状況で話し合いがされ出てきた結果であるということを認識しておかなければなりません。

今回の特別委員会の議案では子育て拠点の具体的な方向についての内容は出ていませんので何とも言えませんが、市長には少しでも早く具体的なスケジュールや財政シミュレーションを出してほしいものですね。それらが出てきたときに、この特別委員会でしっかり議論していきたいと思います。市長が子ども未来部を新しく設置してから1年が経過しています。毎日毎日、安全の確保されていない公立幼稚園・保育所に通う子ども達がいます。

写真は市役所玄関ロビー。阪南市の子育て支援事業からの素敵な展示です。

 - 子ども子育て

  関連記事

12月議会が閉会。最終日33人の市民の皆さん+3人の記者さんが傍聴。

本日で12月議会が閉会いたしました。 今回の議案は(仮称)総合こども館について太 …

総合こども館の建物購入のために交付していただいた交付金のうち約半分を返還。残りは年度末に繰り上げ償還。

この度、阪南市は総合こども館の旧家電量販店建物購入にかかりましたお金のうち、国か …

(仮称)総合こども館について問い合わせをたくさん頂きます。現状をまとめておきます。

来週の火曜日、3月1日より第1回定例会(本会議)が始まり、総合こども館についての …

阪南市の子育て拠点整備、1ミリも進まない議論。特別委員会が開催されました。

本日は子育て拠点整備特別委員会でした。昨年の9月以来ですので、半年以上ぶりです。 …

先週末の子育て拠点特別委員会。まとめます。YOUTUBEもアップされてますが長いので・・・

遅くなってすいませんでした。先週末の子育て拠点整備特別委員会の内容をまとめます。 …

平成27年度一般会計補正予算(第9号)審査特別委員会の二日目。(仮称)総合こども館について集中審議。

先週の金曜日に引き続き、特別委員会2日目です。以下、審議・議論内容を記します。 …

阪南市こども未来プロジェクトに係るワークショップについて。

広報はんなん1月号にも載っておりましたが、市のホームページに阪南市の「こども未来 …

子ども未来PTの3回目~6回目の会議詳細を一挙オープン。

昨日の子育て委員会(子育て拠点整備特別委員会)の終了後すぐに子ども未来PT(プロ …

本日より親子教室「ちっちベビー」「よちよちこっこ」「ちっちこっこくらぶ」の申し込み受付開始!

市役所の玄関が子育て総合支援センターの展示で華やかになってます。 ということは、 …

もしかしたら阪南市の未就学児新入生は「公立」に入らず「私立」に入ってるかもしれない。

先日の幼稚園のブログ記事で「新入園児が減少傾向」と申し上げましたが、ふと、「もし …