人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠

~ともにさかそう 笑顔とお互いさまのまち 阪南~

*

本日は総務事業常任委員会、議会改革推進検討会、〃作業部会。フラフラです。

      2021/02/11

本日は朝から総務事業常任委員会

3月議会への上程議案の中では、

庁内の組織変更について。

現在の「行政経営室」を企画部門と財政部門を2つに分ける、というのがメインの組織変更です。

平成30年(2018)4月に企画部門(アクセル)と財政部門(ブレーキ)が一緒になって「行政経営室」ができた際、私が議長をさせてもらってましたので、その時の議長総括を引用(いずれも議事録のままコピペ)しますと、、、

上甲議長(当時)「事務分掌条例の改正ということで、まず行政経営室がありました。これ、たくさん質問もありましたけれども、やはり企画と財政という、アクセルとブレーキを両方操作するような部署というのは相当なやっぱり責任と権限と、そして負担もあるかなというふうに思います。以前、阪南市でも同じ組織あったけれども、やはりうまいこといかんかったのでもう今の状態になったというような経緯もございますんで、やはり人選が肝になるところがあるかなと。もちろん、周りからのフォローも大切かなと思いますので、そのあたりしっかり進めていただきたいと思います。」(平成29年10月委員会)

上甲議長(当時)「行政経営室の新設というふうな議論がありました。前回のこの常任委員会でもちょっとお話ししたかもしれませんけれども、企画部門と財政部門が一つになるというようなことで、やはり先ほども何個か意見が出ていましたけれども、今まではほんまに連携ができていなかったのかというようなところをしっかり確かめていただきたいし、昔、私も知らんのですけれども、もともとは一つのセクションであったというようなことも聞き及んでいます。それが一つの理由があって分かれたというようなところ、そのときもちゃんと理由があって、そのときの理由は何だったのかと、なぜうまいこといかなかったのかというようなこともしっかり踏まえて、組織、今後の組み立てをしてほしいということ、またかなり集中すると思われる室長権限というか室の権限、それに関してはやっぱりメンテナンスももちろんそうですけれども、市役所全体でその辺のフォローアップができるような体制づくりをしっかり市長初め部課長の皆さんでとっていただきたいなというふうに思います。」(平成29年12月委員会)

まぁ、こんなメッセージを言わせてもらったのですが、あれから3年、、、

本日の委員会では「行財政改革プランにおいて着実な進捗管理をする(この2年間十分でなかった)ため、チェック体制をしっかりするために、企画は未来創生部政策共創室が、財政は総務部行財政構造改革推進室が担います。」とのこと。

要は組織運営の失敗です。3月議会でこの組織替えにいくら費用がかかるのか、この3年間の市の損失はいかほどか、その責任は、そして新しい組織の機能や効果について、その信ぴょう性、などなど、しっかり質していきたいと思います。

議会上程案件以外では、

はなてぃアクションの見直しについて

昨年の10月にこのブログに書いていますが、今回、阪南市の市民協働、はなてぃアクションに関して。

2年前に阪南市の400事務事業すべてをオープンにさらけ出して、市民協働の協力をお願いした「はなてぃアクション」でしたが、今回、

阪南市行政サービス協働化制度審査会より市に対して制度設計の見直しに取り組むように意見があったので、

400事務事業のうち、法令受託事務や広域行政事務、正規職員の人件費が1人(860万円)以上の事務などを除き、かつ、提案内容を深める前に事前協議をしっかり行って駄目なものは駄目とちゃんと伝えておく、という市民協働の窓口を狭める方向性に見直されました

(2月10日訂正:正規職員の人件費が1人以下を除外ではなく、1人(860万円)以上の事務事業を除外するらしいです。申し訳ありません、私が勘違いしていました。)

本日私、相当突っ込んで質問させていただきましたが、阪南市行政サービス協働化制度審査会の指摘はこうでした。

・・・市の事業担当課が現状を把握し、明確な方針をもって取り組まなければ、民間との協働は成り立たず、本事業に対する姿勢の見直しが必要です。・・・

とか

はなてぃアクションにおいて、協働事業の実現性を高め、より良い提案内容とするためには、市と提案者の十分な協議が必須です。しかしながら、本事業については、昨年度の審査会結果における「市に対する意見」について十分な対応ができていません。そのような中、昨年度に続き、提案書が提出されている経過を踏まえ、市は、引き続き、持続可能な本事業のあり方を検討するとともに、はなてぃアクションの制度設計の見直しを含め、協働事業推進の仕組みづくりに取り組まれたい。

・・・これ、読んでもらったら分かると思いますけど、審査会は、窓口を狭めろと言っているのではなく、市民協働のビジョンを明確にして、市はちゃんと提案者に寄り添い伴走できる仕組みづくりしなさいよ、って言ってるんです。

これに対して、市は伴走支援をするとアイデア供与に当たり、随意契約のための公平公正を担保できない。しかし、職員には「どうしたら結実するのか」を考えて提案者と臨んでほしいとメッセージしている、という答弁。

まぁ昨年も言いましたが、市長には市民協働を本気でやる気がないのなら何もせずに静かにして欲しいと思います。

その他

委員会ではコロナのクラスターのことや、先週末の土曜日開催された地域懇談会についてのことも聞きました。その内容についてはyoutube見てください。

総務事業常任委員会が終わって昼からは、議会改革推進検討会。

それが終わったら、その作業部会。

一日みっちり会議させてもらいました。

お疲れさまでした。

 - 市議会

  関連記事

本日の産経新聞より。(仮称)阪南市立総合こども館について記事が掲載されております。

本日の産経新聞に昨日の議会から、市への取材の記事が載っております。 議会での様子 …

総務事業水道常任委員会が開催されました。阪南市の平成30年予算に向けての議論です。

本日は総務事業水道常任委員会が開催されました。 内容は自治基本条例改正について( …

政務活動費を公開いたします

去年度、平成26年度の私の政務活動費をご報告いたします。 政務活動費2014 去 …

本日、臨時議会が開催されヤクセンが行われました。阪南市監査委員に選出していただきました。

本日、臨時議会が開催され、ヤクセン(議会役員等構成選出)が行われました。 本日の …

先日の臨時議会、役選(議会役員等構成選出)にて。ちょっとした工夫で大きな時間短縮。

先日、議長などの役員選出がありまして、いつも議員全員が全員協議会室という部屋に集 …

議会広報編集委員会を開催させてもらいました。5月号より議員個人の賛否が載ります。

議会広報編集委員会を開催いたしました。現在、私が委員長をさせていただいております …

本日は本会議2日目、4人の議員が登壇しました。あさイチでは街角ふれあい協議会(地域教育協議会)の舞校区会に。

昨日に引き続き本会議2日目。4人の議員が登壇しました。 (1)福田雅之議員 (2 …

駅周辺整備特別委員会

本日、 駅周辺整備特別委員会が 10時より開かれます。 委員会なのでもちろん市民 …

本日、平成30年第3回定例会(本会議)が開会。台風21号に伴う連絡事項いっぱいあります。

本日から平成39年第3回定例会、いわゆる9月議会が開会いたしまして、3人の代表質 …

泉南清掃事務組合議会

本日は泉南清掃事務組合議会でした。 阪南市と泉南市の合同のこの議会は、 阪南市か …